KEIO UNIVERSITYATHLETIC ASSOCIATION BADMINTON TEAM - since 1942 -
本文へジャンプ

塾バドミントン部 略年表

年度 塾バドミントン部 バドミントン界
1939 昭14 横浜YMCAに寄宿していた塾生、山本孝二・佐藤保がYMCA体育主事広田兼敏氏の指導を受けバドミントンを開始。
仲地幹雄が加わる。
横浜YMCAにバドミントンクラブ結成。
1940 昭15 山本・仲地の同級生森友甫・諸岡良幸の他、寿祝嵩らも加わる。 日本初の協会、神奈川県バドミントン協会創立。
1942 昭17 バドミントン倶楽部として初の新入部員募集。
慶應義塾バドミントン(鳥球)倶楽部創立総会開催。
文化団体連盟に加盟。
1943 昭18 新入会員もふえ練習会も盛んになったが学徒出陣にてクラブ活動中止。
1944

1945
昭19

昭20
戦争のため活動中止
1946 昭21 六角勉・森友(弟)が中心となりクラブ再建。
部員募集して練習開始。
日本バドミントン協会創立
1947 昭22 塾内対抗競技部新種目団体に加盟。
関東大学リーグ戦(秋季)に優勝。
関東学生バドミントン連盟結成。
慶・明・立の3校にて関東大学リーグ戦開始(3複6単)。
1948 昭23 慶應義塾高校にバドミントン部創部。 第1回全日本選手権大会開催。
関東大学リーグ戦秋季より4校となる。
第1回トマス杯英国グラスゴーにて開催。
関東学生選手権大会開催。
1949 昭24 葉山にて初の合宿。
三田バドミントンクラブ結成。
日本バドミントン協会、日本体育協会へ正式加盟。
第4回国民体育大会の公開競技になる。
1950 昭25 バドミントン部体育会に加盟。
関東大学リーグ戦(秋季)に優勝し7連覇。
全日本学生バドミントン連盟誕生。
第1回学生選手権大会(個人戦)開始。
全国高校体育連盟バドミントン専門部設立。
第5回国民体育大会より正式種目となる。
1951 昭26 第1回大学選手権大会(男子団体戦)開始(第2回学生選手権と併催)。
第1回全国高校選手権大会開催。
関東大学リーグ戦秋季より7校となる。
1952 昭27 慶應義塾女子高校にバドミントン部創部。
関東大学リーグ戦26年秋より3連覇。
全日本大学選手権団体2連覇・個人単複3連覇。
全日本選手権単優勝。
第1回全日本実業団選手権大会開催。
日本協会がIBF(国際バドミントン連盟)に加盟。
1953 昭28 慶早定期戦開始。
1954 昭29 大学に女子部創部。
関東大学リーグ戦(春・秋)2連覇。
第3回トマス杯アジアゾーン予選に日本代表(主将)として岡道明出場。
第3回トマス杯アジア地区予選に日本初参加。
1956 昭31 関東学生女子リーグ戦(秋季)で優勝。 第3回トマス杯優勝国マラヤより2選手を招き親善試合。
1957 昭32 第4回トマス杯アジアゾーン予選に日本代表選手として越川啓出場。 第4回トマス杯アジア地区予選に出場してセイロンに9-0にて勝利。タイ国戦は棄権。
1958 昭33 日吉記念館落成。
第3回アジア競技大会に日本代表選手として越川啓出場。
第1回全日本社会人選手権開催。
第3回アジア競技大会(東京大会)にオープン競技として初参加、日本代表(男子)チーム優勝。
1959 昭34 日吉体育館竣工。
練習場を日吉記念館に移す。
日本協会がABC(アジアバドミントン連盟)に加盟。
1960 昭35 第11回全日本大学選手権男子団体8年ぶりに優勝。
関東大学女子リーグ(春季)1部6位となり2部へ降格。
全日本選手権大会が全日本総合選手権大会となる。
1961 昭36 日吉記念館コート3面を4面に変更。 日本実業団連盟、日本教職員連盟設立。
1962 昭37 創部20周年記念式典日吉にて挙行。
関東大学女子リーグ(秋季)2部6位となり3部へ降格。
第1回教職員選手権大会開催。
1963 昭38 第53回全英選手権大会に日本選手として初めて小宮好雄(トヨタ自動車)が出場。
第3回ユーバー杯インターゾーン出場のインドネシアチームと親善試合を行い5-0にて日本選抜勝つ。
1964 昭39 第6回トマス杯日本代表選手として宮永武司出場。
慶早戦初敗北。
女子メンバー編成できずリーグ戦欠場、4部へ降格。
第6回トマス杯アメリカ地区予選に出場してゾーン優勝してインターゾーンに出場、準決勝でタイに6-3で敗れる。
全日本大学・学生選手権大会水鳥シャトルを採用。
1965 昭40 関東大学リーグ戦(春季)1部6位となり初の2部降格。 第4回ユーバー杯アジアゾーンに日本女子初参加。
1966 昭41 大学女子リーグ戦(秋季)4部優勝3部昇格。
第7回トマス杯日本代表選手として宮永武司出場。
第4回ユーバー杯インターゾーンに日本は初出場・初優勝。
第2回国際学生選手権に出場し日本優勝。
全日本大学選手権が全日本学生選手権団体戦となる。
1967 昭42 第7回トマス杯インターゾーンに日本は第3位。
1968 昭43 関東大学リーグ戦(秋季)2部優勝し1部に昇格。
1969 昭44 関東大学リーグ戦(秋季)1部6位となり2部に降格。
関東大学女子リーグ戦(秋季)3部優勝し2部に昇格。
部内3賞を制定。
第5回ユーバー杯に日本連続優勝。
1970 昭45 第8回トマス杯アジアゾーン決勝大会(京都)開催、日本4-5インドネシア。
1971 昭46 関東大学女子リーグ戦(秋季)2部6位となり3部へ降格。 第1回全国中学生大会開催。
1972 昭47 創部30周年記念式典、日吉にて挙行。 第6回ユーバー杯に日本3連続優勝。
関東大学リーグ戦の試合形式3複4単に変更。
第9回トマス杯アジアゾーン東地区決勝大会、東京で開催。日本5-8マレーシア。
1974 昭49 関東大学リーグ戦(秋季)2部優勝し1部に昇格。
1975 昭50 関東大学リーグ戦(春季)1部6位となり2部に降格。 第7回ユーバー杯に日本は準優勝、4連覇を逃す。
1976 昭51 関東大学リーグ戦(春季)2部優勝し1部に昇格。
韓国へ初の海外遠征。
第10回トマス杯アジアゾーン決勝大会で日本敗れる。日本3-6マレーシア。
1977 昭52 慶早定期戦14年ぶりに勝利。
関東大学女子リーグ戦(秋季)3部優勝し2部に昇格。
第1回世界選手権(個人)大会開催。
第1回全日本高等専門学校選手権大会開催。
1978 昭53 関東大学リーグ戦(秋季)1部6位となり2部に降格。 第8回ユーバー杯日本4度目の優勝。
1979 昭54 関東大学女子リーグ戦(春季)2部優勝し1部に昇格。 第1回日本リーグ始まる。
第1回ワールドチャンピオンカップトーナメント、東京で開催。
1980 昭55 関東大学女子リーグ戦(春季)1部6位となり2部に降格。
日吉記念館のコート8面となる。
1981 昭56 第9回ユーバー杯日本5度目の優勝。
ワールドカップが第1回ジャパンオープンとなる。
1982 昭57 関東大学リーグ戦(春季)2部優勝し1部に昇格。
創部40周年記念式典青山ダイヤモンドホールにて挙行。
第1回全日本ジュニア選手権開催。
1983 昭58 関東大学リーグ戦(春季)早稲田を破り久々の1部5位。
関西遠征。
1984 昭59 関東大学リーグ戦(春季)1部6位となり2部に降格。
香港遠征。
筑波大学との交流試合開始。
第1回全日本シニア選手権開催。
1985 昭60 関東大学女子リーグ戦(秋季)2部6位となり3部に降格。
香港YMCAチームと交流試合。
1987 昭62 第1回ソ連国際ユース大会日本代表選手として諏訪隆博出場。
1988 昭63 関東大学女子リーグ戦(春季)3部6位となり4部に降格。
対同志社定期戦開始。
第24回オリンピック(ソウル大会)で公開競技となる。
1989 平1 慶早定期戦12年ぶりの勝利。
1990 平2 関東大学女子リーグ戦(春季)4部優勝し3部に昇格。
1991 平3 関東大学リーグ戦(春季)2部6位となり3部に降格。
1992 平4 関東大学女子リーグ戦(秋季)3部6位となり4部に降格。
創部50周年記念式典、全日空ホテルにて挙行。
第25回オリンピック(バルセロナ大会)で正式種目となる。
1995 平7 関東大学女子リーグ戦(秋季)4部優勝し3部に昇格。
1995 平7 関東大学女子リーグ戦(春季)4部優勝し3部に昇格。
1996 平8 関東大学女子リーグ戦(春季)3部6位となり4部に降格。
1997 平9 関東大学女子リーグ戦(春季)4部優勝し3部に昇格。
2004 平16 関東大学男子リーグ戦(春季)3部6位となり4部に降格。
2005 平17 第1回東京六大学バドミントンOB戦が本塾にて開催。
2006 平18 関東大学女子リーグ戦(秋季)3部6位となり4部に降格 第24回トマス杯、第21回ユーバ杯、日本開催。
2007 平19 関東大学女子リーグ戦(秋季)4部優勝し、3部に昇格。

※慶應義体育会バドミントン部50年史の年表より setstats

1

   
inserted by FC2 system