KEIO UNIVERSITYATHLETIC ASSOCIATION BADMINTON TEAM - since 1942 -
本文へジャンプ

Q&A


Q.練習メニューは誰が決めているのですか?

A.チームの目標や年間計画を始め、具体的な練習メニューについては、主将を中心とした最上級生が考えます。計画やメニューを検討する過程で監督やコーチにも相談に乗ってもらいますが、最終的には主将を中心とした学生が決断します。基本的に学生主体のチーム運営を行なっています。

 

Q.公式戦の他に、対外試合は多く行っていますか?

A.対外試合は、大事な試合が近い時期に積極的に取り入れるようにしています。ただ、体力作り等の基礎的な練習をする時期は、対外試合は少なくなってきます。その時期は実戦を多く積むことでなく、試合の土台となる部分を鍛えることに重点を置いているからです。

 

Q.高校時代には大会でほとんど勝ち上がったことがないのですが、練習についていけますか?

A.高校時代に実績があったかどうかを気にする必要はありません。各メンバーはチームの目標を意識すると同時に、それぞれのレベルにあった個人の目標も定めて練習に取り組んでいます。実際にはレギュラーとレギュラー以外に分かれて練習する時間も設けており、レギュラーは慶應大学の代表として戦うための準備をし、レギュラー以外のメンバーは少しでもレギュラーに近づくことを意識して練習しています。部員たちは、小泉信三先生の言葉『練習は不可能を可能にする』を実現すべく練習に励み、多くの選手たちが慶應で頑張って練習した結果、上級生になった頃には高校時代に格上だった選手を倒すような選手に育っているという実績があります。

 

Q.未経験者でも大丈夫ですか?

A.未経験者ゆえに最初は体力的・技術的にも練習についていくのが難しいこともあると思います。しかし、たゆまぬ努力を続けた結果、初めは実力が上だった部員に勝てるようになった先輩もいます。

 

 

Q.留学を検討しているのですが…

A.春季休暇や夏季休暇中に1カ月程度の短期留学をした先輩や、中には一年間の長期留学をした先輩もいます。留学、学会での発表などのように、勉学に関するものについては、長期的に部を離れるとしても、それは自分を磨く経験になります。留学中などは練習を休むことになりますが、一年間留学していた先輩のケースでは、帰国後にそれまでの練習不足を取り戻すべく努力し、リーグ戦でレギュラーとして出場したという立派な実績もあります。実際には、その都度、最上級生や監督に相談して判断してもらう形になりますが、積極的な対外活動については基本的に自主性が尊重されます。

 

Q.バイトとの両立は可能でしょうか?

A.バイトをしている部員も少なくありません。ただし、バイトを理由に練習を欠席することは基本的に認めていません。そのためシフトを調整し、練習のない日や時間帯に働くようにしています。

 

Q.オフはどれくらいありますか?

A.練習期間中は基本的に週に1回オフがあります。オフの日であっても体育館は使用可能なので自由に調整ができます。試験期間中は、練習日を少なくするなどの措置をとるため、試験勉強もしっかり行うことができます。年末に長期オフがあり、多くの部員がこの期間を使って帰省しています。

 

Q.飲み会は多いですか?

A.飲むことを目的とした会合は基本的にありません。慶早定期戦終了後のレセプションのようなイベントの際にアルコールがでることはありますが、そのような会合は年に5回程度です。部員同士で集まって飲みに行くことはあります。飲み会というよりも、部員とのコミュニケーションを深める場として設けています。なお当然ですが、未成年は飲酒禁止です。

 

QSFCに通っている部員はいますか?

ASFCに所属する部員も少なくありません。練習会場の日吉記念館とSFCキャンパスが離れているため練習に参加することが大変だと思われがちですが、SFCは時間割をほぼ希望通りに組むことが可能なため、みんなうまく調整してできるだけ練習に参加しています。

 

Q.年間にどのくらいの費用がかかりますか?

A.部費として毎月男子が5000円、女子が3000円かかります。その他 用具費、試合出場費、合宿費や遠征費等が必要になります。

 

Q.見学や練習に参加することはできますか?

A.基本的にはいつでも見学・参加できます。練習場所、練習時間はバドミントン部のホームページに掲載されている月間スケジュール(練習日程表)を参照してください。またバドミントン部員に前もって連絡していただければ、こちらも準備ができますので助かります。いきなり一人で練習に参加するのは少し抵抗があるかもしれませんが、遠慮せずご参加ください。

※連絡先はこちらです!ぜひお気軽にご連絡ください!

keio1942@yahoo.co.jp

   
inserted by FC2 system